Brugada症候群
  突然死が社会的問題となり久しくなりますが、心臓突然死の70〜80%は、「心室細動」と考えられています。 誰にでも扱える自動体外式徐細動器(AED)が普及しつつあり、喜ばしいことです。   心室細動の原因としては、       A.心筋梗塞や心筋症等、心臓に器質的基礎疾患のある場合       B.基礎疾患が不明な場合 があります。  基礎疾患の不明なものとして、        1) QT延長症候群        2) Brugada症候群 が問題になっています。  Brugada症候群は、安静時心電図で、右脚ブロック及びV1〜V3のST上昇を呈するもので、時に心室細動とな り、突然死をきたすものです。   1992年、Brugada等は、失神発作を繰り返す8例の患者に、非発作時の心電図上、共通する所見のあることに  気付き、発表しました。   @ 右脚ブロック        A 右側胸部誘導(V1〜V3)におけるST上昇        B 正常QTc間隔    2002年、Brugada 心電図の診断基準(右側胸部誘導V1〜V3)が作成されました(コンセンサスレポート)。          1)TypeT  @ coved 型のST上昇               A J wave ≧2mm               B ST上昇 ≧2mm        2)TypeU  @ saddle-back 型のST上昇               A J wave ≧2mm               B ST上昇 ≧1mm        3)TypeV  @ saddle-back 型のST上昇               A J wave ≧2mm               B ST上昇 <1mm
南山堂「心電図と不整脈の手引き」より
<症例1> 71才男性  Brugada 症候群様心電図  
 糖尿病・脳梗塞症、右大腿骨頸部骨折術後のリハビリの目的で、療養型病院に入院          した患者さんの心電図です。完全右脚ブロックで、V2〜V3誘導で saddle-back型の          ST上昇を認めます。失神発作の既往は、はっきりしません。

心電図へ
inserted by FC2 system