あわだちそう いきおいうすれ ゆくあれの

20年前頃から、セイタカアワダチソウの繁殖が抑制され、以前ほどの勢いが無くなりました。
セイタカアワダチソウの根から分泌される「cis-DME(シスデヒドロマトリカリエステル)」は、
他の植物の生育を抑制すると同時に、自からの生育も抑制すると言われています。
この様な作用をアレロパシー(Allelopathy)と言っております。

   HOME
inserted by FC2 system