疥 癬 の 治 療

  A.重症疥癬(ノルウェー疥癬)

     1)原則として隔離する
      2)薬物療法
         @ 1日目 1%γ−BHC含有オイラックス軟膏20g以下
                          頭頸部をのぞき全身塗布
                6〜12時間後、入浴し洗い流す
           A 2日目〜7日目、毎日入浴後(ムトーハップ浴)
               オイラックス軟膏20g以下全身塗布
         @Aを1クールとし、3〜4週繰り返す(3〜4クール)
           B 補助療法−−止痒剤の内服
      3)衣類・シーツ類は毎日交換し、熱処理(50℃10分間で死滅)。
        布団は乾熱滅菌。

  B.通常疥癬

         1)原則として隔離が望ましい
      2)薬物療法
          @ 1日目 硫黄サリチル酸チアントール軟膏20g以下
               頭頸部をのぞき全身塗布
                 6〜12時間後、入浴し洗い流す
         A 2日目〜7日目、毎日入浴後(ムトーハップ浴)
               オイラックス軟膏20g以下全身塗布
         @Aを1クールとし、2〜4週繰り返す(2〜4クール)
      3)衣類・シーツ類は通常の洗濯でよい。布団は日光干しでよい。

  C.疥癬疑
       患部を中心に、硫黄サリチル酸チアントール軟膏・オイラックス軟膏塗布
      2週間使用し、効果なければ中止。ムトーハップ浴。

   注)1%γ−BHC含有オイラックス軟膏・硫黄サリチル酸チアントール軟膏は  
    毒性が強いので、皮膚がカブレたりしたら中止。また妊婦・小児には使用し
     てはならない。また、ステロイド配合剤は使用してはならない。
 
                                     鳥巣病院
目次へ
inserted by FC2 system