KAWANO'S HOMEPAGE
病理細胞


ホジキン細胞 (Reed-Sternberg 巨細胞) 肝細胞癌 (EdmondsonV)
ATL細胞 扁平上皮癌細胞 (喀痰)
 1968年(昭和43年)医学部を卒業し、青医連運動の中で、研修・研究の場を失い、 九大3内科の血液研究室に、1年ばかり居候させて頂きました。研究室の先生方には随分と御迷惑かけたと思います。 そこに保存されている血液標本を見せて頂き、写真を撮らせて頂きました。
それを契機に、血液だけでなく細胞診全体に興味を持つ様になり、門司労災病院の15年間、 病理の先生のCPC(臨床病理カンファランス)を通し、検査技師さん達と細胞診の勉強をしてきました。 その間に作成したスライド写真は膨大な数になりました。その一部を症例とともに紹介したいと思います。 殆どが、門司労災病院時代の症例です。
 専門家には、笑止千万と言われるかも知れませんが、画像として楽しんで頂ければ幸せです。
 病気の詳しい説明については、国立ガンセンターのホームページを御参照下さい。
国立ガンセンター
鉱物のページへ, 心電図のページへ, 休憩室

メール はこちらへ
H O M E
inserted by FC2 system